歯のお悩みは春日部のハート歯科クリニックにご相談ください。 > 顎が痛い

顎が痛い

顎のトラブル解決はおまかせください

顎が痛むけれど、「どこの医院にかかったらいいのかわからない……」「専門の医師に診てもらいたい……」という方はいらっしゃいませんか? 顎に異変がある場合、顎関節症の可能性があります。当院では顎関節症をはじめとした顎のトラブルに対応しています。

このような症状はありませんか?

音が鳴る

口を開けようとすると痛い

あまり大きく口が開かない

  • 顎を動かしたとき、「ポキッ」「カクカク」「ジャリジャリ」などの音が鳴る(顎関節雑音)
  • 顎を動かす、口を開けると痛みがある(顎関節痛)
  • 口が開きにくい・開かない(開口障害)

顎を動かしたときにこれらの症状が常に起きる状態のことを「顎関節症」と呼びます。顎関節症では咀嚼に関連する筋肉にストレスがかかるため、頭痛・肩こり・首の痛み・顎のだるさなどを伴うこともあります。

顎関節症はもともと若い女性(20~30代)がかかると言われていましたが、最近では男性や小学校高学年~高校生の、顎が発達途中の方でも発症することが多いようです。上記のような症状がある場合は顎関節症が疑われます。早めに受診しましょう。

顎関節症のしくみ

顎に異常あり

顎に異常あり

顎に異常なし

顎に異常なし

顎関節は下顎頭と下顎窩(頭蓋骨のくぼみ)からなっています。そしてその間には関節円板があり、力を分散させるクッションのような役割をしていると同時に顎関節がスムーズに動けるようにしています。

顎関節は前後運動をすることで、口を開閉させています。しかし関節円板がズレていたり変形していたりするとこの前後運動がうまくいかず、音が鳴ったり口が開けにくかったりするのです。

顎関節症の対処法

顎関節症の効果的な対処法として、マウスピース療法が挙げられます。これは、マウスピースを就寝時に装着して顎関節にかかる負担を軽減させ、関節円板の損傷や癒着を防ぐ方法です。

しかしもっとも効果的な対処法は、顎に負担をかけてしまう自身の癖を知り、癖を直すことです。それは症状を改善させると同時に再発予防にもつながります。

歯ぎしりは歯を傷つけることがあります

寝ている間にギリギリ・ゴリゴリと音を立てる歯ぎしりは、知らず知らずのうちに歯を傷つけている場合があります。早めに対処して、歯への負担を減らしましょう。

歯ぎしりによって起こるトラブル

歯ぎしりは、通常食事などをしているときと比べて、歯に何倍もの力が加わっています。そのため、歯や歯ぐきのほかにもさまざまな部位に障害を引き起こします。

歯への影響

歯が削れる、折れる、欠ける、痛む、しみるなど。むし歯にもなりやすくなります。

歯ぐきへの影響

組織が引き伸ばされたり圧迫されたりするため、血流障害を起こします。その結果、歯周病を発症・進行させることがあります。

詰め物・被せ物への影響

詰め物が取れたり、被せ物が壊れたりします。また、インプラントが折れる場合もあります。

顎関節への影響

顎関節に負担がかかり、痛み・開口障害・音が鳴るなどの症状があらわれます。

全身への影響

顔面の痛み、頭痛、肩こり、イライラしやすい、倦怠感、腰痛、不眠などの原因になります。

その他

自分の歯ぎしりの音で、そばで寝ている人の睡眠を妨げてしまいます。

歯ぎしりを他人から指摘される方や、歯ぎしりに付随していると思われる症状でお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。

歯ぎしりの治療法

歯科医院での治療としては、「ナイトガード」と呼ばれる歯ぎしり防止装置の装着や咬み合わせの調整などがあります。

一方、自分でできる対処法として、日常のストレスを発散させる行動(スポーツ・散歩など)で気分転換をはかると効果的です。また、あまり高い枕を使わない・寝方を変えるといった方法も歯ぎしり防止につながります。