歯のお悩みは春日部のハート歯科クリニックにご相談ください。 > 自分に合った入れ歯が欲しい

自分に合った入れ歯が欲しい

しっかり咬める入れ歯を

「失った歯を補いたいけどインプラントには抵抗がある」「以前作った入れ歯はどうも合わない」などのお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか? 当院では、患者様一人ひとりにもっとも適した使い心地のよい入れ歯をお作りいたします。

入れ歯のメリット

インプラントより費用が安く済む

インプラントは1本につき約30万円~になります。また、歯がまったくない場合だと、その際の費用は300万円以上かかってしまいます。一方、入れ歯治療では自費診療の入れ歯を作ったとしても、インプラント1本分の価格で作ることができます。

手術をする必要がない

インプラント治療のような手術をする必要がありません。またインプラント治療では、患者様が高齢になればなるほど全身疾患との関連が気になりますが、入れ歯は全身疾患に関係なく入れることができます。

治療期間が短く済む

インプラント治療は治療完了までに最低でも3か月~1年半程度かかります。しかし、入れ歯はほとんどの場合1か月程度で作製することができます(ただし、超精密に作られた入れ歯の場合は、さらに2か月ほどかかる場合もあります)。

歯を削る量が少ない

部分入れ歯を入れる場合、必要に応じて歯を削る場合がありますが、ブリッジのように大きく歯を削ることはほとんどありません。

自費診療の入れ歯と保険診療の入れ歯の違い

  自費診療の入れ歯 保険診療の入れ歯
見た目 素材が本物の歯に近く、見た目が自然で美しいです。 使える素材が限られるため、天然歯との違いがわかりやすいです。
咬み心地 素材によっては薄く作ることができ、違和感なくしっかり咬むことができます。 樹脂性のため厚みがあり、咬む際に違和感がある場合があります。
装着感 馴染みやすく違和感はほとんどありません。外からは目立たず、入れ歯を入れていることに気づかれにくいです。 装着時の違和感が強く、笑った際などに金具が見えることがあります。

ハート歯科クリニックの入れ歯治療の特徴

なるべく保険診療内で作製

当院ではなるべく患者様の負担を軽減させるために、基本的に保険診療の入れ歯をおすすめしております。しかし、使用感などでご満足いただけない場合は、自費診療での入れ歯をおすすめしております。自費診療の入れ歯を希望される場合は、お気軽にご相談ください。

ハート歯科クリニックの取り扱い入れ歯

レジン床義歯

レジン床義歯

保険診療が適用された入れ歯です。「レジン」というプラスチックでできており、強度を持たせるためにやや厚みがあります。お口の中での違和感はありますが、保険が適用されるという理由で多くの患者様にお使いいただいています。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

自費診療でお作りする入れ歯です。金属の留め金がないので見た目が美しく、お口の中でのフィット感も優れています。金属を使っていないので、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

金属床義歯

金属床義歯

自費診療でお作りする入れ歯です。歯ぐきに当たる部分が金属でできているため強度があり、薄く作ることができます。また、食べものの温度も伝わりやすいので、食事を楽しめます。