歯のお悩みは春日部のハート歯科クリニックにご相談ください。 > 歯が痛い・しみる

歯が痛い・しみる

どうして歯が痛くなったりしみたりするの?

歯が痛い・しみるという症状は患者様によって異なり、痛みの原因もさまざまです。痛みの種類とそのメカニズムを知って、適切な治療を受けるようにしましょう。

あなたの痛みはどのタイプ?

冷たいもの・熱いものがしみるが、すぐに症状が消える

冷たいもの・熱いものがしみるが、すぐに症状が消え

この場合、知覚過敏が疑われます。知覚過敏は強すぎるブラッシングなどで歯ぐきが下がったり歯が削れたりすると起きます。また、歯科治療後に一時的に知覚過敏になることもあります。まずは知覚過敏用の歯みがき粉を使って1~2週様子を見てみましょう。それでも症状が治まらないときは、歯科医院で検査・処置してもらいましょう。

冷たいもの・熱いものがしみて、症状がしばらく持続する

冷たいもの・熱いものがしみて、症状がしばらく持続する

この場合、むし歯の可能性が高いです。むし歯がなくても、実は歯と歯の間など隠れた部分がむし歯になっていることはよくあります。むし歯は自然に治ることはなく、放置するとどんどん進行するので、なるべく早く歯科医院で治療を受けましょう。

歯科治療後、急に歯が痛む・しみるようになった

歯科治療後、急に歯が痛む・しみるようになった

この場合で考えられるのは、むし歯治療などで歯を削るときに発生する熱が神経にダメージを与えたかもしれないということです。神経がダメージを受けていると、しばらく歯がしみたり痛んだりすることがあります。また、治療した部分の咬み合わせが乱れて余計な咬合圧がかかってしまい歯の根っこに炎症が起きる、むし歯部分の削り残しがあるというケースも考えられます。治療後1~2週経っても症状が治まらない場合は、担当の歯科医に相談してみてください。

咬んだときに鈍い痛みや違和感がある

咬んだときに鈍い痛みや違和感がある

この場合、歯の根っこの病気(歯髄炎など)・歯の根っこが割れている・咬み合わせに問題がある・むし歯になっているなどが考えられます。根管治療や抜髄、抜歯、咬み合わせの調整を検討する必要がありますので、なるべく早く歯科医院に相談しましょう。

何もしていなくても激しい痛みを感じる

何もしていなくても激しい痛みを感じる

この場合、高い確率で歯の根っこや神経が細菌感染を起こしていることが考えられます。根管治療や抜髄といった治療が必要になるので、なるべく早く歯科医院で治療を受けましょう。