歯のお悩みは春日部のハート歯科クリニックにご相談ください。 > 歯ぐきから血が出る・歯ぐきが腫れる

歯ぐきから血が出る・歯ぐきが腫れる

歯ぐきのトラブル・・・放置しておくと危険です

歯ぐきから出血したり腫れたりするなどの症状があらわれているようなら、歯周病が考えられます。歯周病は、歯垢(プラーク)に棲みつく歯周病菌が歯周組織(歯ぐきや顎の骨など)を破壊するおそろしい病気です。ただの歯ぐきの炎症と軽く考えて放置しておくと、やがて歯ぐきから膿が出て歯を支える顎の骨が溶け、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病はただの歯ぐきの炎症ではありません。最終的に歯が抜け落ちてしまう可能性があるほかにも、全身疾患との大きな関わりもあるのです。

糖尿病

糖尿病はさまざまな合併症を引き起こすことで知られていますが、歯周病もその一つです。また、糖尿病患者の方が一度歯周病にかかると重症化しやすく、治療効果が得にくいこともわかっています。

早産・低体重児出産

妊婦が歯周病にかかると、免疫反応により早産や低体重児出産の可能性が高まると言われています。特に妊娠中はホルモンの影響で歯ぐきの腫れを引き起こしやすいので、必要に応じて時期を見て治療を受けることがおすすめです。

循環器疾患

歯周病菌が血流に乗って運ばれることで血管が詰まり、動脈硬化や心筋梗塞の原因になる可能性があると研究発表されています。

呼吸器疾患

歯周病菌の増殖に伴って肺炎を起こす菌が口腔内で増殖し、それが持続的に肺へ吸入されることで肺炎を起こす原因になるとの報告があります。

ハート歯科クリニックの歯周病治療の特徴

予防を重視  

歯周病に対しては、早期に発見して適切な治療を施すことも大事ですが、何よりも大事なことは「歯周病にならないようにする」ことです。当院では、歯周病の予防に必要な処置や指導に力を入れ、患者様の健全な口腔内環境をサポートしています。

精密な検査の実施

歯周病治療にあたっては、進行段階に沿った治療を行う必要があります。以下のような検査を行って、歯周病がどのくらい進行しているかをしっかり調べています。

歯周ポケットの検査

歯周ポケットの検査

「プローブ」という特殊な器具を用いて歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行していると言えます。
歯の動揺度の検査 歯をピンセットでつまんでグラつきがないか調べます。大きくグラつくほど、歯周病が進行していると言えます。

レントゲン撮影

レントゲン撮影

レントゲンで撮影して顎の骨の状態を調べます。骨が薄くなっているほど、歯周病が進行していると言えます。

ハート歯科クリニックの歯周病治療法

SPR(スケーリング・ルートプレーニング)

麻酔をした状態で、歯の根っこに付着した歯垢や歯石を除去します。さらに、根っこの表面をツルツルになるようみがきあげ、表面をなめらかにすることで歯垢や歯石の再付着を防ぎます。

フラップ手術

歯周ポケットがかなり深い場合に適応される手術です。歯ぐきを切開して顎の骨を露出させ、歯の根っこにこびりついた歯垢や歯石を除去。さらに、歯周病菌に冒された組織も除去します。