歯のお悩みは春日部のハート歯科クリニックにご相談ください。 > 親知らずが痛い

親知らずが痛い

親知らずには適切な対処を

親知らずが生えてきて痛む、ななめに生えてきて困っている、という方はいらっしゃいませんか? 親知らずのトラブルを抱えている場合は、適切な対処をする必要があります。

親知らずとは

第三大臼歯

第三大臼歯

親知らずとは、28本の永久歯のさらに奥に生えてくる歯(第三大臼歯)のことを言います。通常20歳前後で生えてきますが、現代人の顎は小さく親知らずが生えるスペースが足りないことが多いため、一生生えてこなかったり、傾いた状態で生えてきたりすることもあります。

親知らずによる影響

親知らずはまっすぐ生えてこないケースが多く、痛みをともなったり、歯並びを乱したりします。特に歯並びが乱れると汚れが溜まりやすくなり、くりかえし炎症を引き起こすようになります。このように親知らずが悪影響を引き起こす場合、抜歯が必要になってきます。

親知らずの抜歯

抜歯は麻酔をした状態で行うので痛みを感じることはほとんどありません。しかし、歯ぐきに埋まっている場合、顎の骨に隠れている親知らずを抜歯した場合は、抜歯後数日から数週間にわたって痛みや腫れが続くことがあります。

抜歯後の注意点

  • 抜歯当日は出血しやすいので、飲酒・激しい運動・長時間の入浴などの体を温める行為はお控えください。
  • 抜歯後1~2時間は麻酔の影響が残っているので、飲食はなるべく控えてください。
  • 傷の治りが悪くなるので、抜歯の跡を舌で触ったり、頻繁にうがいをしたりしないようにしてください。

ハート歯科クリニックの親知らずの抜歯

麻酔を利用した抜歯

当院では、親知らずの抜歯の際に何回かに分けて麻酔をかけています。そうすることでしっかりと麻酔をきかせることができ、患者様にとって負担が少ない状態で処置することができます。また、難症例のケースは院長が信頼する口腔外科の専門医を紹介しております。